ポッツルンは首イボに効くクリームです。

ポッツルンは首イボに効くクリームです。

ポッツルン公式サイトはこちら!

30歳をすぎると、首にポツポツと出て来るイボは、古くなった角質のかたまりです。この首イボは、角質粒と呼ばれ、出来てしまったイボは、自然治癒力で治るというものではないので、なにかしらの対処しなければ、消えません


老化が原因のイボは古くなった角質の固まりです

30歳を超え、新陳代謝が低下すると、古くなった角質が肌から剥がれ落ちずに肌に残ってしまい、固く硬化して、イボになります。肌の乾燥、紫外線、老化などによる代謝力の低下が原因と考えられています。イボは首以外にも、脇の下、胸元、目の周り、背中、お腹の横、太ももの付け根など、比較的肌が薄くて弱い部分にできやすいです。この、老化が原因の首イボは、正しい対処を行うことで確実に改善できます。放置していても害はないのですが、首など特に洋服で隠しづらい場所のイボは、目立ちますし、見た目がやはりあまり良くないですので、イボの数が増えたなと思ったら、改善したほうが良いでしょう。

イボが気になったら、まず皮膚科の受診がおススメです

首のイボが気になる、取り除きたいと思ったら、皮膚科を受診することがおススメです。首イボのほとんどは、先ほど述べたように、角質粒と呼ばれる古くなった角質のかたまりですが、わずかな可能性として、他の種類のイボである確率もあります。ウイルス性のある悪性のイボであることも、ないとは言い切れませんので、一度皮膚科を受診しておくと安心です。イボが角質粒であると断定できた場合、皮膚科や美容外科などでイボを除去する処置を行うことができます。ハサミなどで切り取る方法や、液体窒素で冷凍する方法、炭酸ガスレーザー治療などがあります。

イボ専用クリームを使用すると切除しなくてもすみます

しかし、クリニックや病院で首のイボを取ろうとすれば、レーザーで焼く、つまみとる、ドライアイスで焼くなど、痛みを伴うものも多く、費用も高額になりがちです。また、イボを切除しても、再発することもよくあります。切除は嫌だ、切除したけど再発した、そうした場合は、イボ専用クリームを使用すると良いでしょう。「ポッツルン」は人々から長く愛用されてきた「ハトムギエキス」と「リピジュア」を配合した軟膏クリームで、 肌に塗るといぼを包み込むバリアを作り、じっくりケアするうちにイボが小さくなり、つるんとした肌に近づけます。ハトムギには、豊富な美肌成分がバランス良く含まれています。リピジュアは、細胞を包む膜(細胞膜)と同じ構造をもつ成分で、固くなった皮膚を包み込んで柔らかくします。

まとめ

ポッツルンの効果は、個人差はありますが、早い人は1週間かからず、おおむね2週間~1ヶ月位からなめらかさが実感できるようです。ポッツルンは、身体に悪影響のあるような刺激の強い成分は使っていないので、誰でも安心して使用することができます。


公式ページはこちら

比較ページへのリンク画像